スポンサーリンク

プロサッカーチームが参戦する大会はリーグ戦、天皇杯、ルヴァンカップなどたくさんあります。

その中でもよく聞くのが『Jリーグ』ですよね。

JリーグはJFA(日本サッカー協会)と公益社団法人日本プロサッカーチームが主催する日本国内のリーグ戦です。

この記事ではJリーグの仕組みや入れ替えのルールなどをご紹介していきます。

スポンサーリンク

Jリーグは3つのリーグに分かれている

Jリーグは1993年に初めて開催されました

当時のチーム数はたったの10チーム。それが現在では全50クラブ以上が参加する巨大なリーグとなっています。

Jリーグのチームってすごく多いんだね!なんでそんなに多くなったんだろ?

Jリーグは将来的に海外のリーグのように上位リーグと下位リーグに分ける構想があったらしいよ。

 

リーグ戦は全チームと対戦をしその勝敗の数や得失点差で順位を決めていきます。

チーム数が多くなるとリーグを分けることになります。

サッカーが盛んな海外では上位リーグと下位リーグ分けてリーグ戦が行われていました。

日本のサッカーを盛り上げていくために、Jリーグのチームを増やすことが必要だったため、JFLと呼ばれるアマチュアリーグで成績が良く、Jリーグが決めた条件に当てはまったチームをどんどんJリーグに参加させていきました。

その結果、1999年には2部リーグとなるJ2リーグが開幕、2014年にJ3リーグが開幕しました。

チーム数が増えたから3つのリーグに分かれたんだね。

J1、J2、J3の3つのリーグに分かれているよ

 

J1、J2、J3の3つのリーグのうち、強いチームが参加するのがJ1リーグ、その下に位置するのがJ2リーグ、J2リーグの下に位置するのがJ3リーグとなります。

Jリーグのチーム数

2018年のJリーグのクラブ編成は下記の通りになります。

<J1(18チーム)>

  1. 北海道コンサドーレ札幌
  2. ベガルタ仙台
  3. 鹿島アントラーズ
  4. 浦和レッズ
  5. 柏レイソル
  6. FC東京
  7. 川崎フロンターレ
  8. 横浜F・マリノス
  9. 湘南ベルマーレ
  10. 清水エスパルス
  11. ジュビロ磐田
  12. 名古屋グランパス
  13. ガンバ大阪
  14. セレッソ大阪
  15. ヴィッセル神戸
  16. サンフレッチェ広島
  17. サガン鳥栖
  18. V・ファーレン長崎

<J2(22チーム)>

  1. モンテディオ山形
  2. 水戸ホーリーホック
  3. 栃木SC
  4. 大宮アルディージャ
  5. ジェフユナイテッド千葉
  6. 東京ヴェルディ
  7. FC町田ゼルビア
  8. 横浜FC
  9. ヴァンフォーレ甲府
  10. 松本山雅FC
  11. アルビレックス新潟
  12. ツエーゲン金沢
  13. FC岐阜
  14. 京都サンガF.C.
  15. ファジアーノ岡山
  16. レノファ山口FC
  17. カマタマーレ讃岐
  18. 徳島ヴォルティス
  19. 愛媛FC
  20. アビスパ福岡
  21. ロアッソ熊本
  22. 大分トリニータ

<J3(17チーム)>

  1. グルージャ盛岡
  2. ブラウブリッツ秋田
  3. 福島ユナイテッドFC
  4. ザスパクサツ群馬
  5. Y.S.C.C.横浜
  6. SC相模原
  7. AC長野パルセイロ
  8. カターレ富山
  9. 藤枝MYFC
  10. アスルクラロ沼津
  11. ガイナーレ鳥取
  12. ギラヴァンツ北九州
  13. 鹿児島ユナイテッドFC
  14. FC琉球
  15. FC東京U-23
  16. ガンバ大阪U-23
  17. セレッソ大阪U-23

 

リーグの決め方は?降格、昇格 入れ替えのルール

J1~J3まで3つのリーグがありますが、どのチームも一番強いチームが参加できるJ1リーグを目指しています!

Jリーグは毎年参加するチームの入れ替えが行われます。どのリーグに参加するかは基本的には前年のリーグ戦の順位で決まるのです。

 

  • J1リーグの下位2チーム→翌年はJ2リーグ(降格)
  • J1リーグの下位3位のチーム→昇格プレーオフ後の試合で勝利すればJ1リーグ、負ければJ2リーグ(残留または降格)
  • J2リーグの上位2チーム→翌年はJ1リーグ(昇格)
  • J2リーグの昇格プレーオフ勝利チーム→J1下位3位のチームに勝利すればJ1リーグ、負ければJ2リーグ(昇格または残留)

 

昇格プレーオフとは?

J2からJ1への昇格枠は3枠あります。そのうち1つは昇格プレーオフの勝利チームです。

過去にはリーグで6位だったチームが勝ち抜いて昇格したこともあるんだよ!

J1リーグにあがれる!!昇格プレーオフとは?

「昇格プレーオフ」とはJ2リーグで3位から6位のチームの間でJ1昇格に向け行うトーナメント戦です。

トーナメント戦だから負けたら終わりです!

これまで、昇格プレーオフで勝利をしたチームがJ1へ昇格をしていましたが、2018年からさらにルールの変更が加わり、昇格プレーオフの最後にJ1の16位チームとの入れ替え戦が実施されることになりました。

 

つまりJ1チームからすると下位2チームの18位17位が自動降格は変わりませんが、16位になってしまっても入れ替え戦でJ1に残るチャンスが増えたこととなります。

J2チームからすると昇格のハードルが1つ増えたことになります。

J1チームの方が有利に思えるルールですが、J2チームがJ1チームに勝った例もいくつかありますのでまったく予想はつかないですよ!

J2リーグとJ3リーグの入れ替え

J2とJ3の入れ替えは、J2の下位2チームが自動で降格、J3の上位3チームがJ2に昇格となります。

3には加盟の14チームの他にFC東京、ガンバ大阪、セレッソ大阪の若手主体のチームが参加していますが、その3チームは上位に入っても昇格はしません。

スポンサーリンク

勝てば良いだけじゃない?昇格にはお金も必要?

実は各リーグに昇格するには強いだけで良いというわけではありません。

Jリーグでは各チームにクラブライセンスというものを発行しており、上のリーグに参加するにはその資格を持っていなければいけません。

クラブライセンスの規定は赤字を連続して出さないことやメインで使用するスタジアムの客席の屋根の設置率やトイレの割合などを基準としていて、それを満たさないチームはたとえ優勝しても翌年の昇格は認められないんだよ。

クラブチームとして健全な運営がされていて、お客さんにも満足できるようなスタジアムが用意できないとJ1には上がれないんだね。

このことはリーグの入れ替えにも大きな影響を与えます。

例えばJ1の自動昇格条件となるJ2の2位以内に入ったチームがJ1昇格の資格を持っていなかった場合、J2で3位のチームが繰り上がって自動昇格とはなりません。

J1の自動降格枠が1つ減ることとなります。
過去のシーズンではJ3で優勝したチームがJ2の資格を持っていなかったためにJ2との入れ替えが1枠のみとなった例もあります。

Jリーグのしくみ まとめ

Jリーグはテレビなどで主に取り上げられるJ1リーグを含め3つのリーグがあることをご紹介しました。

Jリーグのチームがこんなに沢山あるなんて知らなった!!という方も多いのではないでしょうか?

 

リーグをわける必要なんてないようにも思いますが、実力の近いチーム同士が集まることでより白熱したリーグになりますよね!

また、まだまだ活躍できるベテラン選手やこれからが期待される若手選手も下のリーグでならば出場機会を得ることができるという受け皿的なメリットもあります。

 

さらに、昇格に向けて期待が高まったり、降格のピンチになることで注目度が増すこととなります。優勝争い以外にも注目すべき試合が増えて、リーグ全体の活性化に繋がっているんです。

降格したくないチームが意地を見せて優勝争いをしているチームを倒すなどのドラマは毎年見られる光景です。

 

Jリーグは例年2月末開幕で12月初め頃に閉幕し、1年かけて楽しむことができる大会です。

Jリーグチームは現在日本各地に展開されています。あなたがお住みの都道府県にもJリーグチームはあるかもしれませんので、リーグのレベルに関わらず地元のチームを応援してみるのもおすすめですよ!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事