スポンサーリンク

子どものサッカースパイクを買いたいけど、どうやって選んだらよいかわからない。と悩んでいる方も多いのではありませんか?

大人でも足に合わない靴を履くのはよくないです。

子どもがサッカーという激しいスポーツをするために履くサッカースパイクですから、選ぶときには慎重になって当然です!

ここでは、子どものサッカースパイクの選び方のポイントをいくつか紹介させていただきます。

スポンサーリンク

子どものサッカースパイクはいつから必要?

子どものサッカースパイクは3、4年生くらいから準備するご家庭が多いようです。

サッカースパイクには、スタッドといわれる突起がついています。この突起が急な走り出しや方向転換、停止等を助けてくれるのですが足にはかなりの衝撃がかかります

成長過程の子どもにはこの衝撃が悪影響となる場合があり、スパイクを履くと足の痛み訴える子もいるようです。

もちろん、サッカースパイクを履いて問題なくプレーできる子もいますが、早めのスパイク着用はあまりおすすめができません。

早くても小学校3年生、4年生くらいからで十分と言われていますよ!
サッカーのシューズ 確認!

サッカーのために用意されているシューズの種類は2種類あります。

    • トレーニングシューズ
    • スパイク

トレーニングシューズと見た目も形もよく似ているシューズで『フットサルシューズ』があります。

子どものサッカースパイクは【スタッド固定式】を選ぶ

サッカースパイクの種類は大きく分けるとに分類されます。

  • スタッド固定式
  • スタッド取り換え式

これらは名前が示す通り、スタッドが交換できるかどうかの違いです。

スタッドというのはスパイクの裏についてる突起のこと!

スタッド取り換え式は、スタットがねじのようになっていて交換ができるようになっています。

スタッド取り換え式の方が、長く使て安上がり?っておもってしまいますが・・・子ども用のスパイクとしてはNGです!

 

残念ながら、スタッド取り換え式のスパイクは芝のグラウンド専用に作られています

一般的な「スタッド取り換え式」スパイクのスタッドの数は6本と少なく、それゆえにスタッドが足の裏を突き上げる感覚を生じさせることがあります。

大人でもスタッド取り換え式のスパイクを履き、土のグラウンドでプレーすると足の裏が痛くなることがあるようです。

子どものスパイクはスタッド固定式を選びましょう。

ちなみに、ジュニアスパイクとして販売されているスパイクはほぼ全て『スタッド固定式』です。

24㎝~24.5㎝よりサイズが大きくなると大人用のスパイクを利用することになり、スタッド取り換え式とスタッド固定式を選ぶことができるようになりますが、スタッド固定式を買うようにしてください。

芝のグランドを利用する予定がない。たまにしか芝のグランドを使わない。ということであれば、スタッド固定式!

 

「スタッド固定式」はどんなグラウンドでも利用できるオールラウンダーです!

サイズがあるならジュニアスパイクを選ぼう

子どもは成長に伴い、いずれは大人向けに作られたサッカースパイクやトレーニングシューズを利用することになります。

サッカースパイクでは大人のサイズは24㎝くらいから展開されています。
ジュニアスパイクは24.5㎝くらいまであるので、24㎝~24.5㎝くらいだと大人用か子ども用、どちらもサイズ的には問題ないことになります。

サイズ的には問題ないのですが、できればジュニアスパイクを選ぶことをお勧めします。

ジュニアスパイクは子どもの足に負担がかからないように設計されているものが多いのです。
また、大人用になるとジュニアスパイクと比べて値段が違います・・・。

スポンサーリンク

子どものサッカースパイク 大き目サイズは選んではいけない!

買ったものはできるだけ長く使ってほしいですよね~。

洋服などは大きめを買って数年間着用している方も多いと思いますが、サッカースパイクに関しては大きめサイズはNGです。(スパイクに限らず、靴はぴったりサイズがいいですよ)

スパイクはぴったりサイズを選びましょう

ピッタリサイズまたは、0.5大きいくらいがベストです。

大きすぎると怪我の原因になってしまったり、間違ったフォーㇺでのプレイを覚えてしまう可能性があります。

サッカーが上手になる芽があっても、スパイクが大きすぎて伸びないということにもなりかねません。

サッカースパイクは消耗品!長持ちさせて何年も履いてもらおう!という考えは絶対にやめましょう。

ジュニアサッカースパイクのおすすめメーカーはどこ?

サッカースパイクはいろいろなメーカーから出ていますので、このメーカーのスパイクがいいよ!ということが分かれば、買いやすいし迷わないですよね~。

でも、、ごめんなさい。

どのメーカーが良いかは、個人個人違いますので『このメーカー』と特定のメーカーをあげることはできません。

サイズをきっちり測ってもらおう

ネット通販などの利用もよいのですが、定期的にサイズの測定はしてもらうことをお勧めします。

大人もそうですが、子どもも実際に靴を履いてみて「ぼくはこのサイズ!」と言っていても違うことも多々あります。

たくさん試着をしてみよう

メーカーによる違いや同じメーカーでもモデルによって実寸が違う場合もありますので、実際に試着をしてみて歩いてみたり、軽く走ってみたりしてみましょう。

また、サッカースパイクは靴幅がいろいろです。

日本のメーカーは幅広、外国のメーカーは幅狭と言われていましたが最近では、どのメーカーも幅広タイプ、幅狭タイプなどあります。

履いてみないと、どのメーカーのどのモデルがフィットするかはわかりませんので、たくさん試着をしてみましょう。

初めてのスパイク選びなら、サッカーショップの店員さんにアドバイスをもらってみましょう!

 

試着をすれば、つま先が痛くないか、ぶかぶかすぎないか、など確認ができますね。

サッカーのジュニアスパイクにインソールの使用がおすすめ

スパイクだけではありませんが、トレーニングシューズにもインソール(中敷き)を利用することをお勧めします。

インソールは、足裏のアーチを支えてくれるので足の疲労軽減やケガの防止に役立ちます。

ジュニア世代は、成長痛で悩む子も多いのですが、インソールを利用することで痛みが軽減する効果もあります。

まったく新しい特許理論で足アーチを守る機能性インソール

うちの子は偏平足で足が痛くなってしまいました。

うちの子の場合、中学生くらいで足に痛みが出るため1試合こなすことが難しくなってしまいました。

診察の結果は偏平足からくる足の痛み!!

市販のインソールを利用したことで痛みが軽減しました。

このインソールを利用しました。

高校生になり、足のサイズの大きな変化も少なくなったころに整形外科でオーダーのインソールを作ってもらいました。

早めにインソールを利用していれば、足の痛みがでることもなかったのかな、、とも思います。

中敷きが取れないスパイクの場合でも、糊でついているだけなので剥がせば利用できます。剥がしてしまうと元にもどせないので気を付けてくださいね。

子どものジュニアスパイクの選び方 まとめ

子どものジュニアスパイクの選び方を簡単にご紹介しました。

ジュニアスパイクは大きすぎずない、足にぴったりあっていることが大切です。

(もちろん、小さいのもダメです!!)

スポーツ店でたくさん試し履きをして、足にあったお気に入りのメーカー、モデルを探してみましょう!

そして、インソールの利用もぜひ検討してみてくださいね!

スポンサーリンク
おすすめの記事