スポンサーリンク

サッカーで1番重要なポジションはと訊かれると困りますが、ゴールキーパーは試合の結果を左右することになる難しいポジションです。

考え方によってはヒーローにもなることができるポジションとも言えますが、残念ながらサッカー少年にはそこまで人気が無いポジションでもあるのがゴールキーパーの悲しいところです。

ここではゴールキーパーの基本的な役割についてご説明します。

スポンサーリンク

ゴールキーパーの基本的役割

ゴールキーパーの基本の役割は相手のシュートを止めることです。

このポジションの選手が安定していることでチームの戦い方も変わってきます。

安心できるゴールキーパーがいればディフェンスの選手でも積極的に前に出る気持ちになれ、攻撃に厚みが出ます。

これが安心できないと、どうしても意識が守備に寄るので、守備陣と攻撃陣の間が間延びすることになりあまり良い攻撃が出来なくなります。
ゴールキーパーは守備の人という印象でしょうが、良い守備が良い攻撃を生むのです。

ゴールキーパーの基本の仕事

ではもう少しゴールキーパーの仕事について掘り下げましょう。
シュートを止めるだけがゴールキーパーではなく、次のようなことも出来ないとゴールキーパーは勤まりません。

コーチング

ゴールキーパーの基本的な仕事の一つに後方から味方に指示を出すコーチングがあります。
ゴールキーパーはシュートを止めてなんぼですが、理想は相手にシュートを撃たせないことです。
もしくはコースを限定してそこに 撃たせる ことも必要になります。

そのためにはDFとの連携は不可欠であり、ゴールキーパーは常に味方の守備位置を確認して声を掛けます。
失点してキーパーが怒っているシーンを見たことがあるかもしれませんが、あれはただ悔しくて怒っているのではありません。
作戦通りの守備が出来ていないことに対して修正を要求しているのです。

ゴールキーパーの位置からは試合全体も見やすいので、チーム全体にアドバイスを送ることもあります。

攻撃の起点

サッカーの攻撃は相手のボールを奪ってから始まります。
その意味ではゴールキーパーもボールを持った瞬間から攻撃の一員となります。近

年のサッカーは後方からボールを回してリズムを掴んでいくチームが多く、足元の巧さもゴールキーパーの基本能力とされています。
正確に遠くにボールを蹴る技術や、ボールを遠投できる上半身の強さもキーパーには求められています。
ボールを止めるための反射神経が良いだけでは、現代サッカーのゴールキーパーは勤まりません。

飛び出し

前に飛び出していくための瞬発力もゴールキーパーには必要な能力です。
コーナーキックや相手のセンタリングは基本的にはゴールキーパーが処理をしなければなりません。
ところが実際は相手もゴールキーパーが取りにくいとろこに蹴ってきますので、ゴールキーパーは多少ゴールを空けてでも飛び出してキャッチしにいくことになります。

もちろん確実にキャッチする、または遠くに弾き出すことが前提ですが、これが出来ないと相手はやりたい放題です。
高いボールだけではなく、地上戦でも相手の攻撃はDFの後ろを狙うようなパスを出してきますが、これも場合によってはゴールキーパーが飛び出て対処します。
ゴールキーパーの守備範囲が広いとDFも安心して後ろを空けることが出来るので、より前掛かりで攻めることが出来ます。

スポンサーリンク

ゴールキーパーに必要な基本的資質

ではキーパーに必要な資質とは何でしょうか。
鍛えることで改善できるものもあれば、本人の資質と言えるものもあります。
基本となる3つの資質をご紹介します。

勇気

いきなりの精神論で恐縮ですが勇気はキーパーには絶対に必要な資質です。
サッカーは接触の多いスポーツですが、キーパーは最も激しい攻防となるゴール前が仕事場です。

キーパーがその攻防に敗れればチームは失点をすることになりますので時には体を投げ出してでも止めなければなりません。
そうは言っても人間ですから痛いものは痛いので体は咄嗟に動かせないもの。
それでも自分を奮い立たせてボールを抑えにいく勇気がゴールキーパーには欠かせないです。

判断力

ゴールキーパーはミスが即失点に繋がる可能性が高いので冷静な判断力が必要です。
判断力が試される場面は多々あり、例えば取れるかわからない所にボールを出されれば無理をしてでも取りに行くのか、このまま待ち構えるのかを一瞬で決めなければなりません。迷うのが一番いけないことですが、正しい判断を下すには経験も重要になってきます。

試合を重ねることで後から伸ばせる能力でもありますので資質とは少し違いますが、優れたキーパーはみんな持っている基本的スキルです。

切り替え

ゴールを奪われることはキーパーにとって最大の屈辱ですが、終わったことを引きずっていては良いキーパーとは言えません。
どんなに優秀なキーパーでも無失点など不可能であり、本当に大切なのは失点を切り替えることができるかどうかです。

フォワードも切り替えが重要なポジションと言われますが、フォワードの場合は何度ミスをしてもゴールを決めれば帳消しになります。
ところがキーパーはミスをしないのは当たり前とされ、1回のミスを引きずりやすくなります。

そこでミスを恐れて萎縮するようになるとキーパーとしては致命的で、終わったことは終わったこととして忘れることが大切となります。

ゴールキーパーはやりがいがある

ゴールキーパーは身体能力の高さや体の大きさも求められるので誰でも一流になれるポジションではありません。
それだけに花形と言っても良さそうなものですがあまり脚光を浴びていない気がしてなりません。

ゴールキーパーをよく知ればやりがいのある魅力的なポジションだとわかってもらえると思いますので、今度サッカーを観る時には是非ゴールキーパーにも注目してください。

スポンサーリンク
おすすめの記事