スポンサーリンク

サッカーの試合中にピッチの外にボールが出てしまった場合、試合を再開する方法がいくつかあります。

試合を再開するために行う「ゴールキック」と「コーナーキック」。

「ゴールキック」と「コーナーキック」はどんな場合に行うのか、どのようなルールがあるのかなどを確認していきましょう。

スポンサーリンク

「ゴールキック」と「コーナーキック」になるのはこんな時

ゴールラインからボールが完全に超えた場合に、ゴールキックまたはコーナーキックを行います。

 

そら
ちなみに、横のラインであるタッチラインを超えた場合はスローインを行ってゲームを再開させます。。

ゴールラインもコーナーキックもどちらもボールがゴールラインを超えたときに行いますが、どんな場合にゴールキック、コーナーキックになるのか確認していきましょう。

ゴールキックになる場合

攻撃側プレイヤーが最後にボールに触り、ボールが相手側のゴールラインをボールが完全に超えた場合はゴールキックになります。

攻撃側がボールを出してしまったので、ボールは相手チーム(守備側)のゴールキックとなり、攻撃と守備が入れ替わります。

そら
ゴールラインを、越えて相手ゴールに入った場合は得点となりますよ!

コーナーキックになる場合

コーナキックになる場合は、守備側のプレイヤーが最後に触れて守備側のゴールラインを完全に超えた場合にコーナキックになります。

守備側がボールを出したことになるので、攻撃側がコーナーキックを行います。

そらくん
守備側チームのプレイヤーが最後にボーㇽに触れ、ゴールラインを超えてゴールに入った場合は攻撃側の特典になります。(オウンゴール)

ゴールキックのやり方とルール

ゴールキックはゴールエリア内であればどこから蹴ってもよいです。

*赤くなっているところがゴールエリア

ゴールキックは、ボールを完全に停止させて行います。ボールを地面に置いてけることになります。

 

ゴールキックはペナルティエリアを完全に越えなければいけません。

ペナルティエリアを越えるまではどの選手もプレーする事は出来ないし、ペナルティーエリアの中に入る事も出来ません。

ボールがペナルティーエリアを出なかった場合や選手が触れてしまった場合は、ゴールキックのやり直しにななります。ファウルにはなりません。

ポイント
  • ゴールキックはフィールドプレイヤーが蹴ってもOK!
  • ゴールキックはゴールキーパーが蹴るチームが多いのですが、フィールドプレーヤーが蹴っても問題ありません。

キーパーが足を痛めている時など、フィールドプレーヤーが蹴ることがよくあります。

ゴールキックをしたボールがゴールに入ったら?

ゴールキックが直接相手ゴールに入った場合は得点となります。

この時、オフサイドのルールは適用されません。

 

ただし、風などで戻って自分のゴールに入った場合は、ゴールキックのやり直しになります。

ゴールキックになる時の審判の動き

ゴールキックになる場合、主審はゴールエリアを腕を下げて差します。

副審はフラッグを水平にしてゴールエリアを差します。

スポンサーリンク

コーナーキックのやり方とルール

コーナーキックはゴールラインを越えた場所の近いコーナアークから攻撃側プレイヤーが蹴ります。

コーナーアークとはコート四隅にある、コーナーフラッグポスト(コーナーに立てられた旗)を中心に描かれた半径1メートルの4分の1の円のことです。

コーナーキックはボールがゴールラインを超えた位置に近いコナーアークから行います。

ポイント
  • 指示されたコーナアーク内ならどこにボールを置いても構いません。
  • 蹴る選手はキーパーを含め誰が蹴っても大丈夫です。
  • 相手選手はコーナアークから10ヤード離れなくてはいけません。
コーナーアークから離れることなく、ボールに触れた場合はコーナキックのやり直しになります。

悪質な時はイエローカードや、レッドカードの対象になります。

コーナーキックをしたボールがコーナーアークから出なかったら?

蹴りそこなってしまった場合など、コーナーアークからボールが出なかった場合でもボールが動けばインプレイとなります。

つまりやり直しなどはなく、プレイが続行されます。

コーナーキックになる時の審判の動き

主審と副審がコーナアークを指した場合はコーナキックになります。

コーナーキックは得点をチャンスです!!

コーナーキックを得た場合の作戦として、サインプレーやショートコーナーと言われる短いパスからスタートしたりします。

プロチームが非公開練習として練習をサポーターやメディア関係者に見せない時は、フリーキックやコーナキックの練習をしてる時が多いのです。

「ゴールキック」と「コーナーキック」まとめ

ゴールラインを割った時、どちらの選手が最後に触れたかによってゴールキックかコーナキックが決まります。

だからこそ、選手はボールが出た瞬間にマイボールと大きくアピールしているのです。

改めてサッカーは1つ1つの審判のジャッジで試合展開が変わってしまうのだと分かりますよね。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事