スポンサーリンク

サッカーの基礎練習でよく行われるのがリフティングです。
ですが実際の試合中にリフティングをすることなど余程のことがない限りはありません。

それでもリフティングは大切な練習ですし、コツを掴むことはサッカーが上手くなる効果が非常に高いのです。

サッカーの基礎中の基礎練習であるリフティングの効果をお教えします。

スポンサーリンク

リフティングにはボールの扱い方が上手くなる効果がある

リフティングの練習によって得られる効果はボール扱いの上手さです。
サッカーで自分の思い通りにプレーをするためには、ボールを自在に操れなければなりません。
シュートであれば狙った所に蹴る能力、パスやドリブルでも力加減も含めてボールを正確に蹴る必要があります。

リフティングで回数を増やすコツはボールの芯を適切な力加減で蹴ることです。
少しでも変なところを蹴るとボールはどこかへ飛んでいってしまうので、リフティングを続けられるということは正確にボールにミート出来ているということになるのです。

リフティングの練習をしていくことで次第にボールのどこを蹴ればコントロール出来るのかが掴めていく効果が見込めます。
リフティングによってサッカーの基礎中の基礎であるボール扱いが上手くなるのはこうした理由からです。

リフティングが効果を発揮する場面

リフティングが基礎練習として大切だということはお伝えしましたが、せっかく練習したのだから実戦で使いたいと思うのが本音ですよね。
ご安心ください。リフティングの効果は試合中のこんな場面で発揮されます。

ドリブルのアクセントに

試合中にリフティングを組み込むのであれば、ドリブルを仕掛ける場面は効果的です。
例えば相手にライン側に追いつめられてドリブルをする場所がなければ、軽くボールを浮かせて相手の足が届かない場所を通して抜きにいくことになります。

技術的にも難しいテクニカルなプレーですが、決まるとカッコイイです。

ボールのトラップに

リフティングは正確に蹴ることも大切ですが、落ちてくるボールの勢いを上手くころすことも重要です。
なぜなら試合中は高い所からボールが落ちてきたり、強いパスが飛んでくることが多いからです。

日頃のリフティングでそういったシーンを意識しておけば試合中にボールが来ても感覚的に上手くトラップすることが出来ます。
トラップが上手いと次のプレーもしやすくなりますので、リフティングの練習は試合にきちんと役立っています。

ダイレクトプレーの時に

トラップの効果と似ていますがリフティングは動いているボールを正確に蹴る練習でもあります。サッカーの試合中にボールは目まぐるしく動いています。

トラップをして一旦落ち着かせることも重要ですが、場面によってはそのままトラップせずに蹴らなければならないことも多々あります。
いつも止まったボールばかり蹴っていると動いて勢いがあるボールの扱い方がわからなくなってしまいます。
リフティングの練習はダイレクトでパスを出す時やそのままボレーシュートをするときに効果を発揮します。

プロの超絶リフティング

余談ですがJリーグの試合ではリフティングを使った伝説的なプレーは生まれています。有名なものではレオナルド選手のリフティングしながら決めたボレーシュートとストイコビッチ選手の雨の中のリフティングドリブルがあります。
いずれも20年以上前のプレーですが、テレビなどでも繰り返し紹介されているので見たことがあるかもしれません。

今見てもため息が出るようなプレーですが、これくらい出来れば試合中にリフティングをしても良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

回数が多いだけでは効果はない

リフティングは何回出来れば上手く出来たと言えるのでしょうか。
考え方はそれぞれですが、個人的は50回出来ればもうコツは掴んだと言って良くて100回を超えたらいつまでも続けなくても良いと思っています。
子供であれば数は目標になりますし、仲間と数を競うことで成長に繋がります。もしお子さんがリフティングを○○回出来たよ    と言って来たら自信になるので褒めてあげてください。

サッカーが上手くなる効果を求めてリフティングをするのであれば、数を数えるよりも足だけではなく頭を使ったり、ボールを高く蹴るなどバリエーションを豊富にして行うべきです。
そして基礎練習ですので、上手くなってからも頻繁に行うことをおすすめします。

効果的なリフティングの練習

せっかくリフティングの練習をするなら簡単な方法でやっていても仕方がありません。

サッカーがうまくなるためにやるのですから、効果的なやり方を考えて行いましょう。

 

リフティングの回数を伸ばすだけであれば、足の甲で軽く蹴り上げるのが一番楽です。

最初のうちはそれでも良いですが、ある程度慣れてきてからもその方法では成長はしません。

リフティングをする時には太ももや頭など色々な部分を使ったり、高く上げるなどの工夫が必要です。

 

ご紹介した通りリフティングを試合で使うことはなくても、トラップやシュートの場面をイメージしながら練習してみましょう。

リフティングは効果が高いので大切にした方が良い

リフティングがサッカーの基礎練習として行われているのはご紹介した通りの効果があるからです。

サッカーで大切なボール扱いの技術を伸ばすことができる練習方法ですので、積極的に行いましょう。

場所をそれほど取らずに出来る練習で、短時間でもできる気軽なものでもありますので、暇を見つけてはチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事