スポンサーリンク

JリーグはJFA(日本サッカー協会)と公益社団法人日本プロサッカーチームが主催する日本国内のリーグ戦です!

Jリーグのニュースで〇節ってよく言ってるけど、なんのことなんだろ?

簡単に言うと、節とは「試合の単位」のことだよ!

「節」という表現は、プロ野球などの他のスポーツでは耳にしない言葉ですので、慣れていない人からするとよくわかりませんよね。

今回は謎の多いJリーグの「節」について確認していきましょう! 

スポンサーリンク

Jリーグの「節」は試合の単位

「節」はシンプルに言うと試合の単位です。

1回目の試合が第1節ということになります。

開幕戦は「開幕節」最終戦は「最終節」などとも呼ばれています。

 

Jリーグの試合は必ず全てのチームが同日に行うわけではないので、同じ節でも日が違うこともあります。

そのため新聞などによっては「第○節○日目」などと表記することもあります。

 

2018年シーズンは開幕節のうちの1試合が平日金曜日に開催されて話題となりました。

残りの試合は土曜日と日曜日に分けて開催されたので開幕節は3日間あったことになります。

この金曜日開催は「フライデーナイトJリーグ」と称されて、新たなお客さんの獲得のために2018年から積極的に実施されるようになったんですよ!

毎節ではないものの、試合が数日に分けて開催される機会は多くなりました。

 

 

尚、最終節の場合は基本的には同日同時刻の一斉開催が決められています。

 

これは先に他のチームの結果を知ってしまうと、順位を争っている別のチームがその結果に応じて作戦を変えることができて有利になることを防ぐ目的があります。

時間が過ぎる度に試合が動いて順位が入れ替わっていくのが最終節の醍醐味でもあります。

  

Jリーグは34節まである

2018年シーズンの場合、J1リーグは18チームが参加しています。

1つのチームと1シーズンでホーム戦、アウェイ線とぞれぞれ1回ずつ、計2回対戦する仕組みとなっています。そのため各チームの試合総数は全部で34試合することになります。つまり、最終節は第34節ということになります。

直近では2015年、2016年は前期後期制を敷いていたので、第17節がファーストステージの最終節となり、セカンドステージはまた第1節から数え直しとなっていました。

 

2018年のJ2J1同様に22チームの2回戦総当たりですので最終節は第42節となりました。

チーム数が多い分、試合数も増えるのでJ1よりも過酷なリーグとなります。

ちなみに2009年のJ2リーグは18チームの3回戦総当たりで最終節は第51節という世界でも類を見ない長丁場のリーグ戦でした。

 

2018年のJ3の場合ですと少し複雑になります。

J3はチーム数は14チームで偶数ですが、FC東京・ガンバ大阪・セレッソ大阪のU-23(特別ルールで参加している23歳以下の選手が主体のチーム)が加わっているため全17チームの奇数となりました。

そのため毎節試合開催のないチームが登場します。その場合はそのチームは「試合なし」で節が進行しますので、試合数は全32試合ですが最終節は第34節となります。

 

スポンサーリンク

Jリーグの試合を「○試合目」と数えないのはどうして?

なんで1試合目、2試合目って数えないんだろ?

シーズン中には日程変更がよくあるから、わかりやすいように節と言ってるんだよ。

「節」とい数え方はわかりにくいので「○試合目」の方がシンプルのように思えますが、それだと混乱してしまう理由の1つが先ほどのJ3の例のように「試合なし」が存在するためです。

その他の理由として大きいのが日程の変更がシーズン中に頻繁に起こることです。

 

最も日程変更に影響を及ぼすことが多いのが前年の上位チームが参加しているアジアチャンピオンズリーグ(ACL)の存在です。

この大会はアジアの他の国との大会ですが、Jリーグと並行して開催されているので勝ち上がるとJリーグの試合と日程が被ってしまう場合があります。

その際には対象チームの試合は先送りにされるので日程は変則的になります。

 

2018年にこの大会で決勝まで待ち上がった鹿島アントラーズの日程を例に挙げてみましょう。

 鹿島アントラーズの第14節は当初の予定では512日でした。しかしその試合はACLを勝ち上がったことで725日まで先送りになります。

その間に鹿島アントラーズは第15節から第17節までは消化していて、第17節の後に第14節が来るという事象が起こります。

他のチームでも2018年シーズンは台風の影響などで試合が延期になるケースが相次ぎました。

 

東日本大震災の影響が大きかった2011年は開幕節の次の試合から延期に入り、423日に再開された時の試合は第7節でした。

その後延期になっていた第2節が開催されたのは第18節が終了した後の72日でした。

  

「○試合目」とすると、1度決定したものを途中で変更することになってしまって混乱を招くため、「節」がスムーズに運営する上でも必要なのです。 

Jリーグ・マッチスケジューラー【日程くん】が生むドラマがJリーグの魅力

Jリーグの「節」は通称「日程くん」と呼ばれるプログラムが作っています。

ホームの試合を連続させないなどの条件を設定して自動的に日程を作成していますが、毎年絶妙な日程を作り上げることでファンを喜ばせています。

 

シーズンの終盤に人的かと思うような大きな山場となる対戦カードが組まれることがあります。

2018であれば最終節は残留を争う名古屋グランパスと湘南ベルマーレの直接対決が組まれています。

もちろんシーズン開幕前に組んでいるので終盤の順位など予測もつかないものですが、毎年起こる終盤のドラマには「日程くん」の功績が大きいでしょう。

Jリーグの【節】まとめ

Jリーグの節は何試合目かということと同じ意味になります。

節という表現は、1年を通して行うリーグ戦なので他の試合や天候等の状況などで日程変更等が生じた場合に分かりやすく表現をするためです。

 

Jリーグの日程は公式サイトやスポーツサイトなどで簡単に調べることができます。

毎節注目の対戦が組まれていて、数日に分けて開催されていれば複数の試合を楽しむことも可能です。

自分のお気に入りのチームの日程を調べて追いかけるも良し、各節の注目試合を観るのも良しですので、是非日程を確認してJリーグを楽しんでみてくださいね!

スポンサーリンク
おすすめの記事